住宅ローンは比較してお得にお金を借りましょう

住宅ローンの比較

住宅ローンを組む前にシミュレーションをしておくという事は非常に重要な事です。むしろ、シミュレーションをせずに住宅ローンを組む事はありえないでしょう。シミュレーションによって得られる事としては、支払うべきトータルの金額と、それから月々の返済額です。このシミュレーションをする事によってどの銀行から借りるべきかという事を比較できるのです。

月々の支払額についてのシミュレーションというのは非常に重要です。月々の支払額が大きすぎて生活の負担になってくるということもあるでしょう。そして副業をしなければならないというような事になってしまうと、せっかく素敵な住宅を手に入れたとしても、その住宅を十分に楽しむことはできません。ですから、これは非常に良く考えておかなければならないのです。住宅を手に入れることだけが人生の目的ではありませんから、月々の生活の負担になり過ぎないような返済額を設定する事が必要です。

住宅ローンのシミュレーションをするときのもう一つのポイントとしては支払うべき金額の総額です。これを計算するのは比較をするためです。実際にシミュレーションして見ると、借りる銀行によって非常に大きな違いを感じることができると思います。繰り上げ返済した場合のシミュレーションなどもしておくと良いでしょう。このように、住宅ローンを組む前にシミュレーションをしておくという事は非常に重要なことですから、ぜひ何パターンかのシミュレーションをしてください。

住宅ローンシミュレーションの比較

住宅ローンを比較するときには住宅ローンのシミュレーションというのは非常に便利なものだと居えるでしょう。実際にどれくらいの金額を支払わなければならないのかという事が先にわかるか、それとも分からないかで大きく異なってくるのです。このようなことを考えたときには、やはり住宅ローンのシミュレーションというのは非常に便利なものと言わざるを得ません。あるローンと別のローンとを比較するときに、どのようにして比較するべきかと言うことが問題となってくるのです。

ローンを比較するのであれば、色々な事が問題となってくるとは思いますが、実際の返済プランと言うものが問題となってくることが多いのではないでしょうか。ある銀行で借りた場合には金利がこれくらいで、そして別の銀行で借りた場合には金利がこれくらいと言うようなことが分かっていれば、例えば金利が0.1%変わったときにどれくらいの差が生じるのかという事がすぐに分かるでしょう。ローンといっても金利だけで決定するわけではありません。例えば利便性なども考えなければならないでしょう。その他にも手数料なども考えなければならないでしょう。

ローンといっても色々な事が関わってきます。銀行を比較するときにはこれらの事も考える必要があるのです。金利が低くても手数料が高くて、結局は別の銀行のほうが良かったというような事も考えられるのではないでしょうか。

このように、ローンの比較については多方面から考えなければなりません。

住宅ローンの金利は他のローンと比べて安い?

金融機関や支払い年数などによって違いはありますが、固定型金利は2%弱〜4%台、変動型で2〜3%が多いようです。傾向としては、東北と北陸が固定型の金利が他地域と比べて低くなっています。このように地域によって特徴があるようです。

会社更生手続き中の武富士など、何かと問題の多かった消費者金融は一時、金利30%を超えていたということで大騒ぎになっていましたが、過去をひも解くとそんなものではありませんでした。1983年に出資法が改正されるまでの金利は109.5%でした。1年借りて倍返すということです。計算はしやすいのですが。それが 73%に引き下げられ、以降1987年に54.75%、1991年に40.004%となり、2000年には29.2%となって2010年に上限金利を20%に定めました。また、これまで金利を払い過ぎていた人のために過払い請求もできるようになりました。実質年率20%以上で借りていた人で、返済を初めて4年以上経過しいている人が対象となります。109.5%は1954年の出資法で決まったもので、それ以前はもっと高かったはずです。戦後の混乱期ということでいたしかたないのでしょうか。

カードローンは借りる金額によって金利が変わってきますが、おおむね3.5〜10%台となっています。一方、質屋の金利は年利109.5%となっています。小額金融で3か月までの短期ということと、鑑定料や保管料など諸々を含んでということで法的に認められています。

住宅ローンは数十年間払い続け、数千万円あるいは億という単位のお金を借りるわけですから、上述のような金利が妥当なのでしょうか。

関連記事

住宅ローン減税

住宅ローン減税という言葉…住居を購入しようと日々物件探しをしている方も、これから購入を検討しようかなと思っている人も、『住宅ローン』という言葉を聞いたら気になってしょうがないのではないでしょうか。そこに『減税』という言葉がくっついてたらもう離れられませんよね。

この住宅ローン減税という制度、知らぬが仏で、知らなくて損をすることはありませんが、知っておくとかなりの得を手にすることができる制度。

続きはこちら