ダイエット目的でウコンを摂取する

ウコンには、ダイエット効果も期待されています。これは、ウコンの作用の1つに挙げられている胆汁の分泌を促す…というが大きく関係しているのですが、胆汁が分泌される際、過剰なコレステロール値を調整してくれたり、脂質代謝が良くなったり、血しょう板の凝集が抑制されたり、血圧を抑えることができたり…といった効果も期待することができるんですね。

つまり簡単に言えば、ウコンを摂取することで、血液がサラサラになる…ということです。

人間が身体を動かす際、筋肉を伸縮を行いますが、その働きを促すのがカルシウムです。筋肉の中にカルシウムが増えると縮み、逆にカルシウムが抑えられると緩むのですが、ウコンには、カルシウムイオンが血管の平滑筋へ導入されるのを抑える作用があるため、抹消血管が拡張し、そして血流が良くなって血圧の上昇を抑えることができるのです。

更に、コレステロールを摂取しすぎていると、動脈硬化が進んでしまい、心筋梗塞などを引き起こす原因にもなってしまうのですが、コレステロール値というのは、高いともちろん様々な害をもたらしますが、逆にコレステロール値が低すぎてもそれはそれで弊害が起こってしまいます。ですから、正しくは、コレステロール値を下げるというよりも、バランスを調節することの方が大切なんですね。そして、その胆汁の分泌を促してくれる存在がウコンなのです。実際、コレステロール値も中性脂肪値も高く、γ-GTPも高い方が、ウコンを摂取し続けたことで、これらの3つの数値が平均的な数値まで下げることが可能です。そしてそれに伴って、体重も減り、見た目もかなり細くなることができますよ。

また、紫ウコンを摂取すると、身体の燃焼体質に変化させる効果が期待でき、それにより、激しい運動をしなくても、ダイエット効果を得ることができる…と言われています。最も、全く運動をしなくてもOKというのではなく、無理のない範囲で、ある程度の運動を行う必要はあるんですけどね。筋肉というのは、運動をしていないと徐々にその機能が弱まってしまい、そして基礎代謝も落ちてしまいます。基礎代謝というのは、生命活動を維持するために、身体が自動的に行っている活動のことであり、またその活動を行うにあたって必要なエネルギーのことを言います。この基礎代謝が高い方は、何もしなくても勝手にエネルギーが燃焼されているわけですから、何もしなくても、多くのカロリーを消費することができるため、ダイエットへと繋がります。

コメントを残す